鹿島茂教授の仕事部屋


サイト内検索はこちらから



○明治大学国際日本学部教授であるフランス文学者・鹿島茂先生に関する書誌情報を整理して掲載しています。諸活動についても最新情報が入り次第随時掲載します。


○こちらは鹿島茂教授公認のサイトです。(取材・原稿依頼などはこちらではお受けできませんので、ご了承ください)

○このウェブサイト上の情報の無断転載、無断使用はご遠慮ください。商業的な目的で本サイトの情報をご利用される際は、事前にご連絡ください

鹿島茂先生主催による書評サイト「ALL REVIEWS」が設立されました!!過去に様々なメディアに発表された鹿島先生の書評が再掲されています。レビュアーの数は今後増えていくようです。ぜひ一度ご覧ください!!


速報!!


〇「ふらんす」8月号に、三宅理一さんとの対談(特集:ノートルダムとエッフェル塔)が掲載されています。(2019/8/14)

〇「華道」7月号に、池坊専好さんとの対談が掲載されています。(2019/8/7)

★★★「100分de名著ブックス」(NHK出版)で、『ノートルダム・ド・パリ:大聖堂物語』が8月末に発行されます!NHKテレビのテキストに、大聖堂が建てられた経緯と技術、歴史背景につい綴った特別章とカラー口絵が増補されます。(2019/7/22)

★★★9月14日、大阪梅田蔦屋書店にて、原武史さんとのトークショー「関西の私鉄文化」が開催されます!(2019/7/22)

〇『物語創世/マーティン・プフナー』(早川書房)の帯に推薦文を寄稿しています。(2019/7/22)


〇「潮」7月号に、「国難を跳ね返したノートル・ダム大聖堂」が掲載されています。(2019/7/7)

★★★新刊のニュースです!8月にPHP研究所より『「失われた時を求めて」の完読を求めて 「スワン家の方へ」精読』が発売される予定です。「文蔵」2008年1月号から2011年3月号まで連載された「『失われた時を求めて』を完読する」の待望の書籍化です!(2019/6/23)

〇7月に青土社より『子供より古書が大事と思いたい』の増補版が発売される予定です。(2019/6/23)

〇7月に講談社学術文庫から発売される『箴言集/ラ・ロシュフーコー』に、解説が寄稿される予定です。(2019/6/23)

〇9月に発表される「第29回Bunkamuraドゥマゴ文学賞」の選考委員を鹿島先生が務めることが決まりました!(2019/6/23)

〇過去の書誌情報です。司馬遼太郎記念館会誌「遼」2018年夏季号に、司馬遼太郎記念館講演シリーズ第98回「『この国のかたち』を読み解く」が掲載されています。2018年5月26日に行われ講演の再録です。(2019/5/25)

★★★毎年恒例の「夏の文学教室」、7月30日に鹿島先生が出講します!(2019/5/18)

〇過去の書誌情報です。「日本近代文学館報」第142号(1994年11月15日発行)に、「三島由紀夫の夏の光」が掲載されています。(2019/5/18)

〇「PRESIDENT」6月3日号に、「大人の学び直しブーム なぜ中高の教科書が「最高の教材」なのか」(特集 会話に使える「教養」大全)が掲載されています。(2019/5/18)

★★★6月18日、渋谷Bunkamuraにて、鹿島先生が講師を務める『ドゥマゴサロン 第18回文学カフェ』が開催されます。!(2019/5/12)

〇「日経おとなのOFF」6月号に、「「娼婦」は成り上がる手段 強い女性を描いた画家たち」(特集 すべての教養は名画で身につく!)が掲載されています。(2019/5/12)

〇「読売新聞」4月25日号に、「森への信仰 日本人が感応 (ノートルダム火災で識者2氏)が掲載されています。(2019/5/2)

〇過去の書誌情報です。「ダ・ヴィンチ」2013年12月号「アラーキーの裸の顔」コーナーに、鹿島先生のグラビア写真が掲載されています。(2019/5/2)

〇「東京新聞」4月19日夕刊に、「共同幻想映す人類の宝 ノートルダム大聖堂炎上 木組みの消失重く」が掲載されています。(2019/4/20)

〇「週刊現代」4月27日/5月4日号に、桐生操さん、加来耕三さんとの鼎談「そのとき歴史が動いた!下半身も動いた! 世界の有名人「性豪列伝」」が掲載されています。(2019/4/20)

★★★新連載の情報です!「美術の窓」4月号より、「知られざる傑作」が始まりました!(2019/3/24)

〇「別冊住まいの設計 relife+」第32号、「Book Shelf Hunter」のコーナーで鹿島先生が紹介されています。(2019/3/24)

〇「翼の王国」誌上で12年間にわたり連載された「稀書探訪」が、3月号で連載最終回になりました。(2019/3/8)

★★★新連載の情報です!「ちくま」3月号より、「吉本隆明2019」が始まりました!!(2019/2/26)

〇4月発売予定の講談社メチエ『フランス史/ド・ソヴィニー、ギヨーム・ド・ベルティエ』(楠瀬正浩訳)の解説・監修を鹿島先生が担当する予定になっています。(2019/2/26)

〇過去の書誌情報です。2003年2月10日に開催され、鹿島先生がパネリストとして参加しているシンポジウム「書籍流通の理想をめざして」の内容が冊子にまとめられて発行されていることがわかりました。(発行:日本文芸協会)(2019/2/18)

〇過去の書誌情報です。「ランティエ」2006年5月号に、「鹿島茂の本郷”帰郷” 「落魄の時代」に頬張った「どかん焼き」を今でも無性に食べたくなる」(特集 全国の大学OBたちの「懐かしの味」 わが青春の「想い出レストラン」を訪ねて」が掲載されています。(2019/2/18)

〇過去の書誌情報です。「ねこ新聞」2013年9月号に、「別れ、そして出会い」が掲載されています。(2019/2/18)

〇過去の書誌情報です。「GOETHE」2018年2月号に、「猫はなぜか原稿が好き。上に乗って邪魔をする」(特集 生涯、最高の相棒)が掲載されています。(2010/2/18)

〇過去の書誌情報です。「産経新聞」に以下の記事が掲載されています。(2019/2/18)
・1999年1月22日号夕刊 映画「レ・ミゼラブル」 鹿島茂さんが語る。
・1999年3月14日号大阪版 画商ポール・ギョームを語る(コメント)
・1999年3月29日号大阪版夕刊 「夢見る力」は衰退したか?デパート不況と日本人
・2000年3月27日号夕刊 死去の河盛好蔵氏 90歳すぎても旺盛な著作活動(コメント)
・2002年2月15日号夕刊 映画『マリー・アントワネットの首飾り』(インタビュー)
・2006年4月12日号 「新聞をヨム日」シンポジウム(2006年4月6日開催のシンポジウム「活字文化があぶない!メディアの役割と責任」にて行われたパネルディスカッション抄録)
・2007年7月22日号 書評 「清潔」な男との交流と侠気 『裕次郎時代/百瀬博教』ワック
・2010年2月12日号大阪版夕刊 ロマンポルノの”復活” 時超え胸を打つ「活動屋」魂
・2012年4月12日号 全共闘世代の「教祖」吉本隆明 「大衆の時代」を先導(インタビュー)
・2017年7月5日号大阪版 司馬遼太郎記念学術講演会 「デジタル世代におくる司馬遼太郎」(講演抄録「家族類型で読み解く司馬遼太郎」、対談抄録(×桂南光)




過去のニュースはこちらから(2001年〜)
 


鹿島茂書誌  BBS

姉妹サイト堀江敏幸教授のレミントン・ポータブル


鹿島先生個人公式Twitterアカウント

鹿島先生事務所公式Twitterアカウント

鹿島先生の公式ブログ

鹿島先生所蔵の古書が置かれた貸しスタジオ「NOEMA images STUDIO」


管理人へのメールはこちらから