堀江敏幸教授の
    レミントン・ポータブル    



サイト内検索はこちらから


○早稲田大学教授であるフランス文学者・堀江敏幸さんの書誌情報を整理して掲載します。最新の諸活動についても随時掲載します。

○このウェブサイトは、堀江教授ご本人・出版社などと関係がないところで作成している「ファン・サイト」です。「公式サイト」ではありませんのでご了承ください。(取材・原稿依頼などはこちらではお受けできませんので、ご了承ください)

○このウェブサイト上の情報の無断転載、無断使用はご遠慮ください。


★★★鹿島茂先生が開設した書評サイト「ALL REVIEWS」に、堀江先生がレギュラーで参加されています。ぜひご覧ください!(2017/7/16)


速報!!



〇過去の書誌情報です。単行本未収録の過去の連載「水辺のシネマ館」(「FRONT」連載(リバーフロント整備センター発行)の2000年4月〜8月掲載の詳細が分かりました。(2000年9月〜2001年3月までの情報は情報掲載済み)(2019/3/10)

〇過去の書誌情報です。「アサヒカメラ」2014年9月号に、「重力の穴(私が選ぶ木村伊兵衛のこの一枚)」が掲載されています。(2019/3/8)

★イベントの情報です!4月21日、青山ブックセンター本店にて、鬼海弘雄さんとのトークイベント「「PERSONA」世界の魅力を語る」が開催されます!(2019/3/8)


〇過去の書誌情報です。「文藝」1995年文藝賞特別号(1995年12月1日発行)に、エッセイ「三冊の文庫本を取り返しに行く勇気はついにわかず買いなおす気になれず十年が過ぎた」(特集 読書嫌いのためのブックガイド)が掲載されています。こちらのエッセイですが、『ゼラニウム』収録の「梟の館」(小説Tripper2001年春号収録)のプロトタイプともいえるたいへん興味深い内容です。(2019/2/26)

〇「家庭画報」3月号に、インタビュー「ひと連なりで描かれた五二篇の随想集」が掲載されています。また、家庭画報ウェブサイトにおいて、「作家・堀江敏幸さんが語る、 随想集『傍らにいた人』のこと 」(紙幅に収まらなかった話を含めて、サイト用に再構成したもの)が別途掲載されています。(2019/2/26)

〇平凡社から発売される、別冊太陽『藤田嗣治 腕一本で世界に挑む』に、「えぐり取られた心のありか」が収録されます。(2019/2/26)

〇3月に筑摩書房より発売される鬼海弘雄さんの写真集『PERSONA 最終章2005-2018』に解説が寄稿される予定です。(2019/2/26)

〇過去の書誌情報です。「産経新聞」2001年3月10日夕刊に、「凝縮された「いま」 『失われた時を求めて』映像化に寄せて」が掲載されています。(2019/2/18)

〇映画「あなたはまだ帰ってこない」に推薦コメントを寄せています!(2019/2/11)

〇「山梨県立文学館 資料と研究」第23号(2018年3月発行)に、「ふたつの世界が接するところ 平成29年度企画展・特設展をめぐって」が掲載されています。(2019/2/11)

〇「ふらんす堂通信」159号、「こわい俳句」のコーナーに寄稿があります。同誌の過去の情報ですが、141号に榮猿丸句集『点滅』の書評が掲載されています。(2019/2/10)

〇過去の書誌情報です。「読売新聞」2018年1月3日号岐阜版に、インタビュー「「岐阜的」位置で執筆 批評、小説 枠収まらず」が掲載されています。(2019/2/10)

〇「青春と読書」2月号に、堀江先生が聞き手となった第42回すばる文学賞受賞対談インタビュー「二度三度読むうちに、チューニングが合ってくる気持ちよさ」(×須賀ケイ)が掲載されています。(2019/2/10)

〇「ちくま」2月号に、「『彼方の本』刊行記念鼎談〈バーコードを「空押し」で〉間村俊一・堀江敏幸・平松洋子」が掲載されています。2018年11月6日、根岸「そら塾」で行われたイベントの再録です。(2019/2/10)

〇2018年11月11日に東松山市で行われた堀江さんと野見山暁治さんとの公開対談の様子が、動画で公開されています!(2019/1/26)

〇群馬県の大川美術館にて行われている展覧会「松本俊介 読書の時間」の図録に、「内なる神の属性として 松本俊介の本棚」を寄稿しています。(2019/1/26)

〇2019年1月発売予定の『イケムラレイコ 土と星 Our Planet』(求龍堂)に、「存在の曲線を棒グラフにしないこと?イケムラレイコの世界に触れて」が掲載される予定です。(2018/12/23)

〇「週刊ポスト」12月21日号に、インタビュー「書き手に関知しない言葉の隙間に入り込み一見無関係な細部に躓くことも読書の喜び」が掲載されています。(2018/12/16)

〇過去の書誌情報です。「明治大学広報」第573号(2006年7月1日発行)に、『人生を完全にダメにするための11のレッスン/D.ゲノーズ訳』(高遠弘美訳 青土社)の書評が掲載されています。(2018/10/23) (仏語原書の表紙が傑作なので、紹介しておきます)

〇過去の書誌情報です。「女性自身」2016年3月8日号に、「今週の著者の告白 堀江敏幸『その姿の消し方』」が掲載されています。(2018/10/23)

★★★11月6日、台東区根岸の「そら塾」にて、『彼方の本 間村俊一の仕事』(筑摩書房)刊行記念のイベントで、平松洋子さん、間村俊一さんとのトークイベントが行われます!(2018/10/21)

★★★日本経済新聞にて連載されていた「傍らにいた人」が11月に単行本で発売されます!!(2018/10/21)

〇11月に明石書店より発売される『フランス文学を旅する60章 (エリア・スタディーズ)』に寄稿がある予定です。(2018/10/21)

〇「ミセス」11月号に、「断章の中の日本」(特集 フランスの中の日本)が掲載されています。(2018/10/21)

〇『林武史 凸凹な石』(求龍堂)に、「寝返りを打つ石たち―林武史の世界に寄せて」を寄稿しています。(2018/10/21)

〇「文學界」11月の特集「人生に響く言葉 須賀敦子篇」に寄稿があります。(2018/10/21)

〇「群像」11月号に、「熊蟄穴」が掲載されています。レギュラー連載の「二月のつぎに七月が」は休載です。(2018/10/21)

〇過去の情報です。「フィガロジャポン」2017年11月号に、「あるべきものがそこにあるという、不思議な説得力。」(特集 “あたりまえ”がひっくりかえる レアンドロ・エルリッヒを体感せよ。 レアンドロ・エルリッヒに魅了された四人の視点。)が掲載されています。(2018/10/21)




過去のニュース(2001年〜)  


堀江敏幸書誌  BBS

姉妹サイト鹿島茂教授の仕事部屋


管理人へのメールはこちらから